Building a House

地盤調査

2010/12/13 12時46分00秒 [敷地] 固定リンク

敷地調査に立ち会いました。

土地の下の地盤調査、敷地境界点の測量、隣地建物の窓の位置などの確認、それから太陽を観察して真北の方向を割り出す調査です。
地盤は地下室を含む建物を沈まずに支えることができるかどうかをチェックするのと、地下水の様子を調べるのが主な目的です。地盤が弱ければ強化する工事が必要、地下水が多いようだと地下室を作ること自体をあきらめなければならないこともあるそうです。
真北(「まきた」じゃなく「しんぼく」と読むと建築っぽい)の方向は北側斜線制限の算出に必要です。




地盤評価は「スウェーデン式サウンディング試験」という方式。

右の写真のような、先端がねじ状になっている鉄のロッドを、一定の圧力で地面の中に押し込んで行って、ロッドが沈んでいる深さと、その深さのときにロッドを押し込むのにかかる力を測定して記録していく方法。地盤が柔らかい部分は抵抗なく押し込まれ、地盤が固い部分は大きな重さをかけないと沈まない、あるいは、ロッドの先のねじ部分を回さないと押し込めなくなります。
建物を建てる場所の四隅近くと中心近くの5点を、最大深さ10メートルぐらいまで測定するそうです。

測定する機械はこんな感じ。自動貫入試験機。
日東精工のジオカルテⅡという名前です。
左側にぶら下がっているオモリで一定の圧力をかけながら、ロッドを押し込んだ長さ=深さと、その深さでの押し込む力やロッドをねじ込んだ回転数を自動記録していく仕組みになっています。

まだ建築請負の契約をしていないので、土地調査一式の費用10万円は自腹です。施工業者さん経由で支払いました。

おまけ:水道管のメーターボックスを開けてみたら、中に大きなヒキガエルが冬眠してました。ぬしかしらん。

2010/12/13 12時46分00秒 by owner

コメント

Where are the femur tibia and fibula?さんのコメント:

Thank you for the good writeup. It in fact was a enjoyment account it.
Glance complicated to more delivered agreeable from
you! However, how could we keep in touch?
2017/9/2 12時23分30秒

コメントを書く

コメント書き込みに際しての注意:コメントには書き込んだネットワークのIPアドレスもあわせて表示しています。IPアドレスから、お使いになっているプロバイダの名前やネットワークを所有している会社や学校の名前などが分かります。もし、そのような情報が表示されて困る場合は書き込みをご遠慮ください。
アカウントを作成して、そのアカウントでログインしてコメントを書き込んでいただくとIPアドレスなどは表示しません。また、後から自分の書いたコメントを編集したり削除できるようになります。

記事カテゴリー別

記事日付順

新着記事

地下室のRCスラブに無垢板フローリング直貼りは危ないか
地下室オーディオルームに自分でフローリングを施工してみて2年半が経ちました。 施工の様子は当時の記事に書いてありますが、施工前から心...
    [in 内外装 on 14/6/24 18:15]
壁に本棚を作り付ける
子供部屋の壁に本棚を作り付けにしました。 地下室の壁全面を棚にするのは IKEA の Expedit シリーズを活用しましたが、今回は店舗のディス...
    [in 家具 on 14/4/28 03:16]
プロジェクターの天吊り
プロジェクターを天吊りにしました。 石膏ボードとソーラトンを貼る前の天井の様子。補強材が見える。 ...
    [in オーディオルーム on 12/9/22 17:04]
長期優良住宅建築等計画の認定通知書、住宅用家屋証明書
住宅ローン控除を受けるために確定申告の書類を準備しています。 長期優良住宅の認定を受けた建物なので、ローン残高の1.2%、最大60万円が...
    [in 事務手続き on 12/3/11 16:40]
コマ撮りビデオ
この家を建てている間、毎朝のジョギングのときに、いつも同じ場所から同じようなアングルで建築現場の写真を撮ってためておいたのですが、それ...
    [in 建築施工 on 11/12/31 00:34]

検索キーワード

ランキング

最新検索キーワード

Login

Creative Commons License Except where otherwise noted, content on this site is licenced under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License. Powered by Nucleus CMS v3.71