Building a House

建築施工 一覧

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

コマ撮りビデオ

この家を建てている間、毎朝のジョギングのときに、いつも同じ場所から同じようなアングルで建築現場の写真を撮ってためておいたのですが、それをつないでビデオにしてみました。

» 続きを読む……

足場が取れました

大工仕事がほぼおわったようで、建物の周りを囲っていた足場とメッシュシートがはずされました。

建物の全容が見えるようになると「完成が近い」という実感が湧いてきます。

上棟確認

建物の屋根が上がって棟上げです。上棟確認と簡単な上棟式を行いました。

上棟確認は、建物の基本構造ができたこの段階で、これから内装を作り上げていく前に、主に電気系統のコンセントやスイッチの位置などを確認します。
監督さん、電気工事を担当してくださる業者の方、建築士さん、インテリアコーディネーターさんといっしょに、図面を見ながらひとつひとつ確認していきます。

図面と自分で作った3Dモデルで、だいたいのイメージはできていたつもりですが、それでも原寸大の実物の建物の中に入って確認してみると、「ああ、このスイッチはもう少し右のほうが使いやすいな」とか「ダウンライトはもうちょっと真ん中に寄せた方がいいな」とか、細かい変更が出てきます。

» 続きを読む……

天窓

屋根に天窓がついていました。
メッシュシートに隠れて見えづらいので、少し離れたところから撮ってみました。

2階リビングは、できるだけ空間を広く見せるために勾配天井にしてあるのですが、その北側勾配には天窓をとって、さらに明るく。

棟上げした模様

屋根が上がって、屋根の下地のルーフィングが張られていました。

写真は、北側の屋根をメッシュシート越しに写したもの。北側斜線規制いっぱいの、ぎりぎりの屋根です。都会の狭い土地はたいへんだ。

私が子供の頃は、棟上げと言えば餅まきとか、いろいろ儀式がありましたが、今は淡々と。上棟確認は後日行う予定です。

2階外壁がだいたい立ち上がりました

メッシュシートに覆われていてよく見えないのですが、2階の壁部分もほぼ立ち上がっているようです。屋根のひさし部分も少しずつできています。

屋根ができあがると棟上げ。建物工事代金の、上棟時の中間金を準備しなくては…

2階外壁に着手

2階床部分ができたようで、2階の外壁の一部分が立ち上がっています。

設計の途中で Google Sketchup を使って作った 3D モデルの姿に近づいてきました。

» 続きを読む……

1階部分、ほぼ組み上がりました

梅雨空ではっきりしない天気が続く中、大工さんの仕事は着々と進んでいます。

メッシュシートがかかって中が見えにくくなっていますが、1階部分がだいたい組み上がったようです。

1階の壁ができた

大工さんの領分は、工事の進み方が目に見えてわかるのでおもしろいです。
昨日1日で1階部分の外壁と内側の壁のスタッドが組み上がっていました。

現場の監督さんからの先週の週報メールには

来週中には、1Fの壁までは完了予定です。
(早ければ2F床まで進むかもしれません。)

と書いてありましたが、本当に今週中に2階床ぐらいまで行きそうな勢いです。

1階の床

1階の床部分。昨日1日で根太を作る梁にかぶせるように合板が貼られていました。
床が蓋になって、地下室の中を上から覗き込んで見ることはもうできません。

朝、ジョギングのついでに撮った写真ですが、大工さんはもうお仕事を始めてました。蒸し暑い中、ご苦労様です。

«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

記事カテゴリー別

記事日付順

最近のコメント

  • owner: コメントを頂いたのを見落としておりました。 > もしよろしければ詳細を教えて頂けないでしょうか? 何の詳細をお教えすればよろしいでしょうか?
  • 高橋: はじめまして、新築を建設中のものです。 突然で申し訳ございません。 この商品を施工された方を探していてこちらにたどりつきました。 実際の価格や見た目など教えて頂...
  • owner: ありがとうございます。 掲載、もちろん、問題ございません。
  • サンワカンパニーブログ掲載担当...: お世話になっております。株式会社サンワカンパニーと申します。弊社ウェブサイトでは「サンワカンパニー製品をご購入いただいた方」のブログ記事をご紹介させていただいております。...
  • おとうさん: 蓄電池がなくても停電時に停止しないエネファームが2012年度内に発売予定だそうです。

Login

Creative Commons License Except where otherwise noted, content on this site is licenced under a Creative Commons Attribution-ShareAlike 4.0 International License. Powered by Nucleus CMS v3.71